かつお節へのこだわり

昔ながらの製法で丁寧にかつお節をつくる

日本食品工業が大切にしているのは昔ながらの製法で時間をかけて作られる『かつお節』。鹿児島県枕崎の漁港で揚がったばかりの新鮮なかつおを手早く捌き、長時間燻す。新鮮なかつおと、枕崎の海・気候、そして職人たちの日々の努力が詰まったかつお節。荒節、本枯節、今日も枕崎から届きます。  

だしの素イメージ

捌く

かうおを新鮮なうちに手際よく捌く

だしの素イメージ

燻す

捌いたカツオは時間をかけて丹念に燻す

だしの素イメージ

整える

かつおを新鮮なうちに手際よく捌く

だしの素イメージ

仕上げる

捌いたカツオは時間をかけて丹念に燻す

日食工場に届いたかつお節はだしの素の原料として粉末、顆粒に加工され、お客様のもとへ運ばれていきます。  

だしの素